抵当権・根抵当権登記抹消は司法書士

1物件あたり
手数料1,000円(税別)
カード払いOK!
住宅ローンを完済した後は、司法書士法人リーガルサービスのしあわせ抹消登記にお任せ下さい。

郵便を2回送るだけ!分かり易い簡単手続き!

司法書士法人リーガルサービスのしあわせ抹消登記は手続き簡単。
申し込んだら郵便を2回送るだけ!
皆様が法務局に通う時間の必要なく手続きをサポートします。
空いたお時間をぜひ有意義にご活用ください。
しあわせ抹消登記に依頼
申し込み後、
郵便を2回送るだけ
申し込み後、郵便を2回送るだけ
あとは有意義な
自由時間
あとは有意義な自由時間
ご自身で手続をする場合
何回も法務局に
行ってやり取り
何回も法務局に行ってやり取り
時間を取られて
クタクタ
時間を取られてクタクタ

リーズナブルな格安価格!しかもカード払いOK!

しあわせ抹消登記限定特別価格
1物件あたり手数料1,000円(税別)
カード払いOK!
登記業務の専門家、司法書士法人リーガルサービスのしあわせ抹消登記はリーズナブルな格安価格。
しあわせ抹消登記は皆様の家計に優しい専門家サポートなのです。
参考例
土地1筆・建物1棟の抵当権抹消の場合
摘要 金額
登録免許税 2,000円
事前調査印紙税 1,200円
しあわせ抹消登記手数料 2,000円
郵送料
(書留830円×2回、普通250円×1回)
1,910円
消費税   160円
合計 7,270円
※参考例は、土地1筆・建物1棟の抵当権抹消登記のみの場合です。住所変更登記や買戻権抹消登記が必要な場合等ご依頼内容により本参考例との差異がございます。ご依頼案件は精査の上、個別にお見積りさせていただきます。

しあわせ抹消登記は、法務で幸せを届ける全国対応!

私たちリーガルサービスは、東京・横浜・湘南を中心に北海道から沖縄まで、日本全国安心対応!
抵当権抹消・根抵当権抹消はしあわせ抹消登記にお気軽にお問い合わせください。
(なお、当HPのしあわせ抹消登記サポートでは、登記申請日や登記完了日の指定はできません。日付指定の場合は別途見積となりますのでご注意ください)

登記業務の専門家、司法書士による安心業務!

司法書士法人リーガルサービスは、登記業務専門の司法書士が多数在籍の専門家グループ。
抵当権抹消・根抵当権抹消はもちろん、住所変更登記・買戻権抹消・休眠担保抹消などの例外的な業務にも対応します。
安心してお問い合わせください。(住所変更登記・買戻権抹消・休眠担保抹消など特殊事例は別途見積)

『しあわせ抹消登記』の簡単手続き

1.お問い合わせフォームから送信
お問い合わせフォームに該当事項をご入力のうえ、送信ボタンを押してください。
お問い合わせ
2.費用の確認
「しあわせ抹消登記」の担当司法書士からご連絡事項を返信させていただきます。
ご連絡事項に従い、メールの送信をお願いします。
追って、正確な抹消登記の費用総額をご連絡させていただきます。
費用の確認
3.書類を郵送(1回目)
抹消登記の費用総額をご確認いただきましたら、当方より手続き書類のご案内をメールの添付ファイルにて送信させていただきます。
ご確認後、費用をお支払い(振込・カード)の上、書類を郵送にてお送りください。
書類を郵送(1回目)
4.書類を郵送(2回目)
「しあわせ抹消登記」の担当司法書士より、抹消登記手続き書類をお送りしますので、内容をご確認の上、書類を郵送にてお送りください。
(郵便切手等は「しあわせ抹消登記」の担当司法書士にて貼付済みなので、そのまま郵送を頂ければ大丈夫です)
書類を郵送(2回目)
5.手続完了
法務局の「完了証明書」が送られて参りますのでご確認ください。
これで「しあわせ抹消登記」の手続きは完了です。
(当HPの しあわせ抹消登記 サポートでは、登記申請日や登記完了日の指定はできません。日付指定の場合は別途見積となりますのでご注意ください)
手続完了

お問い合わせフォーム

お名前(必須)

生年月日

ご住所(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

抵当権抹消根抵当権抹消買戻権抹消その他
お問い合わせ内容



しあわせ抹消登記Q&A

ローンを完済すれば、抵当権は自然に抹消登記されるのではないのですか?
抵当権は自然に抹消登記されません。
ローンが完済しても抵当権の登記が自然に抹消されることはありません。こちら側で抵当権抹消登記を法務局に申請の手続きをしなければなりません(但し、抵当権抹消登記を申請せずに抵当権登記が残ったままでも、実体上の抵当権の効力は消滅しています)。

ローンが完済したのですが、抵当権は金融機関側が自動的に抹消登記してくれるのではないのですか?
金融機関側が自動的に抹消登記をすることはありません。
ローンが完済しても金融機関側が抹消登記をしてくれることはありません。こちら側で抵当権抹消登記を法務局に申請しなければなりません。

いつまでに抹消登記をする必要がありますか?
書類に有効期限があるので、なるべく急いで抹消登記をすることがお勧めです。
抵当権抹消登記は法的にいつまでにという制限はありませんが、金融機関側の発行する書類には有効期限があるものが含まれます。
有効期限を過ぎてしまうと、金融機関側に再発行手数料を支払い書類の再発行を依頼する必要があるので、なるべく急いで抹消登記をすることがお勧めです。

抵当権は抹消しなければならないのですか?
いつかは抹消登記をしなければならない時期が来ます。
不動産を売却するときなど、第三者に譲渡するときは、必ず抵当権抹消登記をしなければいけません。その際、抹消登記をしていないと、譲渡の手続きに重大な障害を及ぼすこともあり、大切な不動産という財産に障害を及ぼすこともございます。そのようなことのないように、抹消登記は早めの手続きが大切です。

抵当権抹消書類を紛失した場合はどうすればいいのですか?
金融機関側の再発行手続きや法務局への事前通知手続きなどが必要です。
金融機関側が発行した抵当権抹消書類を紛失した場合、金融機関側に再発行手続きを申請し、再発行手数料を支払って、抵当権抹消書類を再発行する必要があります。
さらに、抵当権抹消登記の申請後、金融機関と法務局との間で「法務局への事前通知手続き」などの特殊な手続きを行い、抵当権抹消登記を完了させることになります。
このように、抵当権抹消書類を紛失した場合、再発行手数料を支払って特殊な手続きを行うことになります。最初の抵当権抹消書類で抹消登記手続きをされればそのようなことはございませんのでお早めに手続きされることをおすすめします。

明治時代や大正時代の抵当権が登記されたままになっていますが抹消登記できるのですか?
抹消登記できます。しあわせ抹消登記の司法書士にお任せください。
明治時代や大正時代の抵当権が登記されたままになっていることを「休眠担保」といい、供託制度などを活用して抹消登記を行います。
しあわせ抹消登記の司法書士は登記の専門家につき、多くの取り扱い実績がございます。休眠担保の抹消登記は特殊手続きとなりますが、別途お手続き内容や費用をお打ち合わせのうえ手続きをさせていただいております。お気軽にしあわせ抹消登記までご相談ください。

本当に2回の郵送で抹消登記ができるか不安なのですが大丈夫ですか?
ご安心ください。しあわせ抹消登記の司法書士は登記取扱い累計3万件以上です。
しあわせ抹消登記の司法書士は、登記業務の取り扱い実績の累計3万件以上。信頼性・経験値・ノウハウが違います。皆様へリーズナブルに法務で幸せを届けたいと「しあわせ抹消登記」の提供を始めました。実績は安全の証。安心してご依頼ください。

金融機関側の抵当権抹消書類の何を郵送すればいいのか分かりません。
メール等で丁寧にご案内させていただきます。ご安心ください。
金融機関側の抵当権抹消書類は、各金融機関ごとに千差万別。とても分かりにくいと言ってもいいかもしれません。私たちしあわせ抹消登記の司法書士は、豊富なノウハウによりメール等で丁寧にご案内させていただきます。安心してお問い合わせください。

登記簿の住所(または氏名)と現在の住所(または氏名)は変わったのですが、抵当権の抹消登記をするにあたって住所変更(または氏名変更)の登記をしなければいけないのですか?
住所変更(または氏名変更)の登記をする必要があります。
登記簿の住所(または氏名)と現在の住所(または氏名)は転居や結婚などにより変わっている場合、住所変更(または氏名変更)の登記をする必要があります。この点はお手続き内容や費用を別途ご案内させていただきます。お気軽にご相談ください。

抵当権の抹消登記手続は、どのくらいの日数がかかりますか?
約1か月以内に完了する予定です。
抵当権の抹消登記手続きは、約1か月以内に完了します。少々お時間を頂戴しますが、お待ちいただければ幸いです。

根抵当権や買戻し特約(買戻権)の抹消登記手続は、依頼可能ですか?
根抵当権抹消登記や買戻し特約抹消登記(買戻権抹消登記)もお任せください。
しあわせ抹消登記の司法書士は、抹消登記手続きの専門家です。根抵当権、買戻権、休眠担保の抹消登記手続きなど、様々な抹消登記手続きを取り扱っております。安心してしあわせ抹消登記にご依頼ください。

リーガルサービスグループのご紹介

代表挨拶

私たちリーガルサービスは、
「ほうむでしあわせを届けます。」
野谷邦宏
司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー(1級)
野谷邦宏
法務で幸せを届ける市民法務の専門家グループ・リーガルサービス代表の野谷邦宏です。
2000年に司法書士業を開業し、法務でしあわせを届けることを大切に、今日まで市民の皆さまのお手伝いをさせていただいて参りました。
お陰様で、多くのご信頼とご依頼を頂戴し、東京事務所・横浜事務所を拠点とし、東京・横浜・湘南を中心に、関東地方一円のみならず、日本全国の司法書士業務のご依頼を頂戴しております。
現在、司法書士の代表的な業務の不動産登記・会社登記の所属司法書士の取扱累計は30,000件を超え、中でも相続案件は3,000件を超えるまでに至っており、これも一重に皆さまのよきご縁とご信頼のお陰と感謝しております。
また、複数の司法書士・行政書士・社会保険労務士・提携税理士・提携弁護士その他資格者による総合対応を心がけ、ご相談者様のしあわせを法務で届けられるよう、遺産相続・遺産整理・遺言・成年後見・財産管理・裁判業務・相続税対策(提携税理士)・法律相談(提携弁護士)など、私たちでしか提供できない幅の広い対応を心がけ、日々業務の向上に努めております。
今後も法務でしあわせを届けることを大切に、皆さまの幸せのお手伝いのプロフェッショナルとして司法書士法人・行政書士リーガルサービスはあり続けたいと思います。
皆さまからご相談。心よりお待ちしております。

事務所概要

『法務で幸せを届ける市民法務の専門家グループ・リーガルサービス』は、司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー(1級)としての専門的知識と豊富な経験、更には弁護士・税理士・社会保険労務士と連携したハイレベルの専門家ネットワークで皆様の多様なご要望に対応します。
事務所名称 司法書士法人リーガルサービス
お問合せ先
横浜事務所
横浜市神奈川区鶴屋町2-17-1 相鉄岩崎学園ビル 3F (横浜駅きた西口より徒歩1分)
TEL:045-290-8878
FAX:045-290-8879
<司法書士法人リーガルサービス>
司法書士 森谷英晴 河野勝利 福島章雅 多和田亜希子 佐藤瑠美 奥津彩夏
横浜事務所
東京事務所
中央区八重洲2-11-2 城辺橋ビル 7F (東京駅八重洲南口より徒歩7分・有楽町駅より徒歩3分・銀座一丁目駅より徒歩1分)
TEL:03-5299-9919
FAX:03-5299-9918
<司法書士法人リーガルサービス>
司法書士 野谷邦宏
東京事務所
社員数 18名
(司法書士資格者 7名)
(行政書士資格者 5名)
(社会保険労務士資格者 1名)
(ファイナンシャルプランナー技能士資格者 7名)
(相続士資格者 5名)
(遺品整理士資格者 2名)
(個人情報保護士資格者 5名)
事務所沿革
2000年、代表者野谷邦宏が横浜に司法書士野谷事務所として事務所を開設。
2006年に司法書士法人として法人化し、同時に東京に事務所を開設。
司法書士・行政書士・1級FP技能士の知識や事務所開設前の資産管理業務の経験を生かし、通常の司法書士業務の他、売買・贈与・相続などのコンサルティングなど幅広い業務を行う。
信託銀行の依頼などにより成年後見業務も多く手がけ現在に至る。
現在、東京事務所・横浜事務所を拠点とし、東京・横浜・湘南を中心に、関東地方一円のみならず、日本全国で司法書士業務を行い、不動産登記・会社登記の所属司法書士の取扱累計は30,000件を超え、中でも相続案件は3,000件を超えるまでに至る。
また、法人所属の複数の司法書士による総合対応を心がけ、ご相談者様のしあわせを法務で届けられるよう、遺産相続・遺産整理・遺言・成年後見・財産管理・裁判業務・相続税対策(提携税理士)・法律相談(提携弁護士)など幅の広い対応を心がけ、日々業務の向上を行っている。
所属団体

地図・アクセス

横浜事務所
横浜駅きた西口より徒歩1分
東京事務所
東京駅八重洲南口より徒歩7分・有楽町駅より徒歩3分・銀座一丁目駅より徒歩1分

社会貢献活動

子供たちの「夢」と「安全なネット社会」を育てたい
司法書士法人リーガルサービスは、子供の夢を応援する「NPO法人こどもネットミュージアム」を応援しております。
アジアに羽ばたけ! 世界に羽ばたけ!
司法書士法人リーガルサービスは、海外でも活躍するモータースポーツチーム「TEAM KAGAYAMA」を応援しております。
『地域を照らすトウダイ』のような存在を目指します
司法書士法人リーガルサービスは、中小企業とともに地域の課題や社会問題の良好化を支援する「NPO法人ハマのトウダイ」を応援しております。
しあわせほうむ 法務で幸せを届けたい
市民の拠り所になれるよう、法務・税務・財産管理の知識及び実務を提供する「一般社団法人しあわせほうむネットワーク」を応援しております。

日々の活動のご報告

個人情報保護規定

私たちリーガルサービスは、個人情報保護に関する法令・ガイドラインその他の規範を遵守し、個人情報保護規定を定め、これを実行し維持します。
  1. 職員、その他関係者に個人情報の重要性を周知徹底させ、継続的に教育・監督を実施します。
  2. 情報入手に当たっては、個人情報の本人から同意を得ることを原則とします。
  3. 個人情報を不正な方法により入手しません。
  4. 個人情報の利用は、収集目的の範囲内で、担当者のみが、業務上必要な範囲においてのみ行います。
  5. 個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の防止に努めます。
  6. 本人から保有する個人データについて、開示、訂正、使用停止、消去等の要求があった場合は適切に対応します。
  7. 個人データの第三者提供は、法令で定められた範囲(生命保護等)においてのみ行います。
  8. 個人情報保護のために継続的な改善を行います。